服装規定

男子制服

《冬期》

 学生服・・・  黒、つめえり、えりカラ- <丈は  手首のところまで>

 ズボン・・・ストレ-トで黒、ベルトは黒系の華美でないもの正しく、必ず着用する。 

 カッタ-シャツ

  シャツはしっかりズボンの中に入れる。*袖口からのはみ出しに気をつける

  カッタ-シャツの下は白色で無地の下着のシャツ

 <中着としてセ-タ-・ベスト・  白・黒・紺・茶系・グレーで華美でないもの>

 セーターは、制服からはみ出さない。※カ-ディガンは不可

《夏期》

 カッタ-シャツ・・・半そで、または長そで <白色で模様のないもの>

 ズボン・・・冬季用に準ずる。ベルトは黒系の華美でないもの正しく、必ず着用する。

  *男子のズボンは、ベルト部分が腰骨より下がらないこと。

 白色で無地の下着のシャツ

 

女子制服

《冬期》

セ-ラ-服・・・  濃紺、白線2本 <胸当てなし>

ネクタイ、スカ-ト・・・  濃紺 <厳寒期にはズボン(濃紺)でもよい>

肌着は白色を基調とする。 

肌着の上に、白色で無地のTシャツを着用して

セーターだけの着用・下着のみにはしない。

<中着としてセ-タ-・ベスト・  白・黒・紺・茶系・グレーで華美でないもの>

セーターは、制服からはみ出さない。※カ-ディガンは不可

 

《夏期》

セ-ラ-服・・・白色、半そで、または長そで<胸当てなし>

*女子のスカート丈は、膝の皿の一番下が隠れること。

 ネクタイ、スカ-ト、白線2本(冬季用に準ずる)

肌着は白色を基調とする 

肌着の上に、白地で無地のTシャツを着用

*下着のみで制服を着ない


名札

 新型の名札は、制服の左胸ポケットの上部にクリップか安全ピンでつける。

 ただし、旧型の名札は糸どめで可とする。

髪型

・前髪はまゆ毛より下に出ない。

・整髪料、パーマ類(ストレートパーマ・アイロン使用など)は禁止

男子

・後ろ髪はえりにかからない。

・横髪は耳にかからない。

女子

・後ろ髪は肩の線よりさがらない。

・長髪の場合はゴムで結ぶ(耳のラインより下)

・ヘアピンは黒  ・ゴムは黒・紺・茶

・額にかかるピンは禁止、 ピンの胸さしも禁止

はきもの

《通学用》

・黒の短靴 または  黒、白を基調としたスニーカー(ハイカットは除く。)  

《冬期通学用》

・降雪時は長靴が望ましい。(下足箱に収まらなければ下に置いてもよい。)

・黒、白を基調としたスノトレ。完全防水で、靴底が雪道対応となっている履き物。

・ブーツは黒を基調としたもので下駄箱に収まる25㎝までのもの。自分で判断できない場合は、学校の了解を得てから購入すること

《屋内用》

屋内シューズ・体育用外シューズはそれぞれ学校指定のものとする。

《屋外用》

屋内用は体育・部活動の兼用可。但し、部活用のシュ-ズは体育時の使用不可

 ラインの色  (新1年・・・赤    新2年・・・緑   新3年・・・青)

くつした  

 白色無地だが、ワンポイントまで可(部活動を除く)くるぶしが常時隠れるもの

 冬季 女子のタイツの色は黒とする(タイツの場合は靴下着用なし)

 *体育等で運動してもくるぶしがみえない長さ

 *寒冷時はスパッツ・レギンスも可


かばん

 ・学習用かばん(黒、濃紺で合成皮革、皮革製)、またはランドセル型かばん(学校指定)・・・主として教科書、ノ-トを入れる。

・セカバン(セカンドバッグ)・・・主に体操服や水筒、部活動の道具を入れる。

・スポ-ツバッグは、部活動等で指示に従って使用すること


コート

・黒、茶、紺、グレー、ベージュ、白系の無地で装飾のないコートが望ましい。パーカーは禁止。

・部活動のジャンパー、ウィンドブレーカーも可

その他

・自転車通学生は、垂直に立てられる両スタンドで、後部に荷台があるものに乗る。

・冬季で寒いときは、マフラー、ネックウォーマー、手袋を着用してもよい。

 (教室内では着用しない)

・自転車通学時にはマフラーを着用しない。

・学習用かばんやセカバンには、ネームホルダー以外のキーホルダーはつけないこと。


交通安全