生徒から学んだこと

 先輩の先生に道徳の授業を見せてもらったときの生徒の話です。

 「車椅子の少年」の教材です。

 少年の乗った車椅子が溝にはまっている。

 T:「みなさんはどうしますか?」

  S:助けるがほぼ全員でした。

 側でお父さんらしき人がいるのですが助けないでいます。

 T:「みなさんはこの人のことをどう思いますか。」

  S:自分で出るのを見守っている。それも優しさではないか。

 先生から、そうですね。宿題がわからないから答えを見せてあげるのも優しさ。

 自分で考えるようにいうのも優しさですね。

 T:今日の授業受けて、「みなさんはどうしますか?」

  s:ほぼ全員が、見守るで、授業は終わるかとおもっていたのですが、

 一人の生徒が、手を上げて、一言「        」

  この言葉に、心を打たれました。この生徒の生き方が素晴らしいと、学ばされました。

  是非、自分の判断を堂々と出張できる生徒それをいえる雰囲気のあるクラスを目指してください。

  私は、この生徒から、目指す生徒像の1つのきっかけをもらいました。