· 

1017 いじめ防止対策について

 【未然防止】

  ・「礼の心」を大切に、人との関わりの大切さに気付かせる指導

  ・道徳教育の充実(校内研究3年目)

  ・「学校へ通うのが楽しい」という生徒を増やすため、

   1学期は、特に”行事”や”委員会・係活動”、”部活動等”での自主・自律の育成

   (その中で、安全安心で居心地の良い居場所づくり、仲間づくりを目指しています。)

   2学期は、特に”学習”に粘り強く取り組める生徒の育成、”自学のすすめ”での自主・自律の育成

   を、目指していきます。
  ・GIGAスクール推進に向けて(情報モラル教育)


 【早期発見】
  ・毎日の生徒一人一人への声掛け

  ・教育相談(年2回)

  ・人権週間(12月)

  ・定期的なアンケート調査

    生活アンケート(年3回程度)、意識調査(年3回)、Q-U調査(年2回)

   を行っています。


 【早期対応】

  ・被害者に寄り添い守秘義務は守る姿勢
  ・保護者への報告

  ・丁寧な事実確認からの指導をチームで対応

  

   現在、松岡中学校は「いじめはない」と報告しています。

   素晴らしいことですが、いじめは大なり小なり必ずあるとの意識でいます。

    令和2年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果より

   ・いじめ認知件数    全国 51万件  中学校 8万件 

   ・いじめを認知した学校 全国 82%  

   ・「冷やかしやからかい,悪口や脅し文句,嫌なことを言われる。」 63%

      ・「パソコンや携帯電話での誹謗中傷、嫌がらせ。」 1万8870件 (増加)

   というのが現状です。
 
   先日も職員会議で、保護者アンケートをもとにできる対策を考えました。

   SNS等の危険性を心配されている保護者の方もおられました。

   保護者・地域の方と協力しながら、未然防止、早期発見に努めたいと考えています。

   今後も、「いじめアンケート」(年3回程度)にご協力お願いします。