· 

0121 新年の決意

・”結”の発表を聞いて、確かに勉強や将来の夢も大切ですが、それよりも仲間との時間を大切にしたいと言っていて、今しかできない事を精一杯楽しむ事が大切だと分かりました。そういう人と人との縁を大切にして、私も残り少ない学校生活を楽しんでいきたいです。

 ・”結”の発表を聞いて。比喩がすごく面白かったという理由もありますが、単純な考えだけど、その単純な考え方がすごく心に響いたからです。たしかに同じ学年、同じクラスだからといって、これから先は一緒にいるかと言われたらそうでもないです。だから、笑ったり喧嘩したりして今の環境を楽しむということが大切だと気づくことができました。

人との繋がりを糸だと思うと言っていて初めはなぜだろうと思っていたけれど、ほつれたり、絡まったり、と沢山の意味合いが見えてきて人を引きつける発表だと思ったからです。

何事にも競い合う仲間がいるという言葉がすごく良いなと思いました。自分1人では何も成長することはできないけれど誰かと競い合うことで自分の力を伸ばす事ができ、また相手とのコミュニケーションをとっていくことも出来る思いました。個人は集団を育てる、集団は個人を育てるなどと改めて自分を見直すことが出来たような気がしました。

「継続は力なり」という言葉は部活でも教わっているけど、まだ継続ができていない自分がいるのでこの一年で変えていきたいと思った。皆動きをつけて話していたし、声も大きかったので聞きやすかった。

 

【生徒の感想】

・全校に問いかけしていたり手の動きを表したりしていて凄いと思いました。代表者の今後の決意が聞けたので自分も新年の決意を意識したいです。

全員の発表からすごく気持ちが伝わってきたし、一人一人決意の内容は違うけれど、目標設定をして実行しようとする言葉が魅力的だった。

一言ひとこと丁寧に話していて、また強弱もついていて聞いていてすごく発表に引き込まれたからです。本当にすごいと思いました。

一年生は、今度一個上の学年に上がる事を意識して今の自分には無いものを新しく見つけていこうという意識があって、私も意識して生活しないといけないなと思いました。

二年生は、自分に足りない事をどの様に、していきたいか。が、とても伝わってきました。手の動きなどがあり、凄く見ていて分かりやすかったです。

三年生は、受験勉強がある中、自分のこれからの目標・夢に向かって突き進むという意識が高かったと思います。私も、これからが大切だと思うので、私も新年の決意を意識してこの一年過ごしていきたいです。

みんなわかりやすいように手を使って表現したりゆっくり大きな声で話していてとてもよかったと思います一番心に残った発表は〇〇さんです。〇〇さんは最後にことわざを入れていて聞いていて楽しかったし、笑顔で話せていてとても印象に残りました。

・”競”の発表。人と競い合うことが1番心に残りました。僕もライバルの大切さを知っているからです。僕はライバルのおかげで受験勉強を頑張れています。負けて泣いた時もあります。でも負けてからのライバル以上の努力をして逆転して勝つことの嬉しさも知っています。ライバルのおかげで成長できることを改めてわかりました。受験で勝って頂の景色を見れるように頑張ります。

・”頂”の発表はとても印象に残っています。一流と二流の違いを言っていて、とても納得する事ができたし、とても勉強になりました。自分も一流になるために、調子の悪い日も自分のいいときにあてて生活していきたいです。また、他の人の発表もとても勉強になることを言っていて、自分に当てはめて書く事ができました。

・自分に言われているなと勘違いするぐらい心に響きました。”頂”の1流と2流に違いの、言い訳をするかしないかで変わってくると思うので、自分もこれから意識したいです。

一年生は、一年生らしい元気な声ですごく聞きやすかったし、緊張の中頑張って発表しているのが伝わって可愛かったです。二年生は、これから学校の最高学年として頑張ろうという強い意志が現れていたと思います。これからリーダーとして辛いことが多いと思うけど頑張ってほしいなと、応援したくなる発表でした。三年生は、受験が終わった人もこれからの人も全てが変化する高校に向けて成長していこうという思いがすごく伝わりました。

 

・”極”の発表を聞いて。部活動に対する熱い思いも感じることが出来たし、高い目標に向かって頑張るという強い決意があって聞いていてとてもカッコいいなと思いました。自分もスポーツをする人間として、見習うべきだと思ったからです。